header

<Amazon>価格改定をすると回転が上がる!マカドとプライスターの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
右肩上がりのグラフ

おはようございます♪

ドラッグストア電脳せどらー
ひら きょうこです(^^)/

5月になって、2/3が終わりました。

 

スクール生はまだ1カ月目だけど、
生徒さんによってはすでにリピート商品を見つけたり、
卸から仕入れたり、
と、私も驚く成果を出し始めています o(^o^)o

 

そういう仕入れが出来るようになると
価格調整が重要になってきますね。

 

Amazonでは毎日、というか
毎時間、下手したら毎分ごとに価格が変わることが多いですから。

 

生徒さんの中には
毎日、価格調整をし出してから回転が上がったことを
実感している方もいます。

 

今、手動で価格改定をしていて、
しかも毎日していないあなたは、
必ず毎日行ってくださいね(^^)/

 

価格調整と言ってもね、
ライバルが値下げしたからと、
必ずすぐに価格を合わせる必要が無い場合もあります。

 

最初のうちは慌てて値下げしてしまいがちですけど、
落ち着いてライバルの在庫数を確認すれば、
少しの間、値下げせずに待てばいい場合もあります。

 

そういうことを繰り返していると、
分析力もついてきます。

 

ただ、ある程度商品数が増えてくると
価格調整だけで1時間も2時間もかかるようになってきます。

 

毎日、1時間も価格調整にとられるより、
そこはツールに任せて
空いた時間をリサーチに充てた方が建設的ですね(^ー^)

 

ツールは無料のものと有料のモノがあって、
無料のモノはAmazonのセラセンにありますね。

 

だけど、
Amazonポイントは考慮してくれません。

 

ライバルがポイントを付けてた場合、
同じ価格なら、ほぼカートは獲れません。

 

同じポイントをつけるか(推奨)、
ポイント分、価格を下げること(非推奨)になりますね。

 

その辺まで見てくれるのは
有料ツールです。

 

私が使ってるのはマカドです。

 

プライスターも同じような機能みたいですけど、
マカドだけの機能があります。

 

それは、最安値が下限価格を下回った時に
LINEで知らせてくれる機能♪

 

最安値が下限価格を下回ったら、
ほぼその商品はカートを獲れなくなってしまいます。

 

なので、
自動価格改定ツールを導入したとしても、
週に1回ぐらいは、自分の設定と最安値をチェックした方が良いんです。

 

となると、最大1週間は全く売れないので、
販売機会のロスということになっちゃいます

 

回転の良い商品なら、
いつの間にか価格が戻ってた♪
なんてこともあるんでしょうけど^^

 

私はマカドしか使った事がないけど、
どちらも30日間は無料で試すことが出来ます。

 

マカドを無料で試してみる

プライスターを無料で試してみる

 

価格調整に時間がかかるようになってきたら、
お金をかけてでも価格改定ツールを使いましょうヽ(^o^)丿

 

ひら きょうこ


LINE始めました☆

 

友だち追加


☆無料メルマガ登録プレゼント


【第一弾】

せどりで稼ぎ続けている
現役プロせどらー約20人のノウハウを結集!

94店のリサーチポイントと
実際に仕入れてきた600以上の商品情報を大公開\(≧▽≦)/

【第二弾】
せどりに欠かせない情報がたっぷり♪

ポイントが貯まりやすいクレジットカード一覧や
便利なアプリ一覧、
こんなものまで経費にできちゃう♪情報など、
19もの情報をプレゼント♪


メルマガを無料で読む

 

▽プレゼントの内容はこちら
(無料)メルマガ登録プレゼントについて