header

せどり初心者向け無料講座(11)商品を複数の箱で納品する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

ドラッグストアー電脳せどらー

ひら きょうこ です(^ー^)ノ

初心者向け無料講座の
11回目です。
過去の講座記事はこちら↓
今回は、前回の応用編。
Amazonに2つ以上の箱で
納品する場合の設定方法です。

せどり初心者向け無料講座(11)商品を複数の箱で納品する

納品のパターン

パターンは3つあります。
  1. 輸送箱数【1個】
  2. 輸送箱数【複数】/商品ごとに輸送箱を分ける
  3. 異なる商品が輸送箱に混在(10箱以下)
1は、ひと箱に納品する全ての商品を入れる場合で、
その方法は前回の記事に書いています。
2と3の説明をします。

2.輸送箱数【複数】/商品ごとに輸送箱を分ける

納品ひと箱に1種類の商品を入れるパターンですね。
入力画面はこんな感じ↓

f:id:hira-kyoko:20170225132335p:plain

これ、ちょっと分かりにくいと思います。

入力しないといけない項目は

  • 輸送箱ごとの商品数
  • 輸送箱の数
  • (箱の)重量
  • (箱の)サイズ

もし、上の画像で

一番上の商品が3個あったとして、

それを一つの箱に入れて納品するなら、

輸送箱ごとの商品数:3
輸送箱の数:1

となります。

もしこれを2箱に分けるとなると

一箱は2個、もう一箱には1個ですね。

こういう場合は『輸送箱を追加』をクリックすると

もう一行分(2箱目)の枠が出てくるので、

こんな風に入力します↓

f:id:hira-kyoko:20170225134637p:plain

 3.異なる商品が輸送箱に混在(10箱以下)

次は、複数の商品を複数の箱に

分けて納品する場合ですね。

ここで入力しないといけないのは

  • 納品する箱数
  • それぞれの箱に入れる商品の数
  • (箱の)重量
  • (箱の)サイズ

この場合↓

全部で2つの箱で納品します。

f:id:hira-kyoko:20170225132700p:plain

一箱目には一番上と2番目の商品が、

二番目の箱には一番上と一番下の商品が

入っていることになります。

後は、

1)チェックを入れる

2)見積額を確認する

3)請求額を承認をクリック

という流れですね。

納品ラベルを貼る時の注意

こんな風に複数の箱で納品する場合、

一つの納品プランであっても、

納品ラベルは箱の数だけ印刷します。

それぞれの箱に貼らないといけないんだけど、

納品プランが1つだからって、

どの箱にどのラベルを貼っても良い

というワケではありません。

納品ラベルは納品プランのラベルじゃなく、

その箱の納品ラベルだと考えてくださいね。

だから、Amazon倉庫で

納品ラベルのバーコードをピっ♪って読んだ時、

表示されるであろう商品とその数が

そのラベルが貼られていた

箱の中の商品・数と合わなかったら

納品不備です Σ( ̄Д ̄lll)

対策としては、

箱に商品を詰める時に

箱に番号を書いておくことです。

そして、その箱の番号と

画面で入力する時の「輸送箱1」「輸送箱2」

の数値を合わせます。

納品ラベルを貼る時には

納品ラベルのバーコードの下にある、

最後の数字とダンボールの箱を合わせましょう。

f:id:hira-kyoko:20170225140528p:plain

納品する商品数が増えれば増えるほど

作業は煩雑になってきますね。

だけど、ここで間違いの無いように

正確に納品作業を進めないと

納品不備としてAmazonから注意を受けます。

着払いで返送されることもあります。

繰り返せば出品停止の可能性があります。

誰にとってもメリットは無いので、

(配送屋さんが儲かるだけ♪)

面倒でも正確にやりましょうね(^ー^)b

ドラッグストアー電脳せどらー

ひら きょうこ